有限会社加藤ステーブル 有限会社ケイズ

ホーム
有限会社加藤ステーブル
お客様へ〜メッセージ〜
施設案内
調教〜フィジカル〜
調教〜メンタル〜
治療・装蹄
会社プロフィール
有限会社ケイズ
主な活躍馬たち
招聘スタッフ紹介
アクセス
採用情報
採用情報【ホースマン】
採用情報【オフィス】
牧場体験実習生募集
お問合せ

    招聘スタッフ紹介〜’Team Kato’が誇る 強力布陣〜

目黒 憲史(獣医師)
目黒 憲史
1959年生まれ。

1985年

日本獣医畜産大学卒業。卒業後、大井競馬場で競走馬の最前線の臨床に携わる。

1989年

小松温泉牧場に場長兼獣医師として赴任し、故障馬のリハビリに取り組む。
在職中は マヤノトップガン(天皇賞などのGT5勝)、ヒシアケボノ(スプリンターズS)、ダイユウサク(有馬記念)、キングヘイロー(高松宮記念)ほか多数の重賞勝ち馬を管理する。

2004年

茨城県鹿嶋市にて診療所を開業。

2005年

千葉県にてリハビリセンターを開業。
以降、自らのクリニックで診療を行なう傍ら、全国の競走馬の育成牧場、乗馬クラブ等幅広い分野で診療を行う。馬の痛みの箇所を特定する「診断麻酔」の権威で、それに基づいた論理的かつ懇切丁寧な治療は、各分野のホースマンからの信頼も厚い。


宮田 朋典 (ホース・クリニシャン)
宮田 朋典 (ホース・クリニシャン)

昭和62年

レッドウッドフォールズ(ミネソタ)ホース クラブ入会。本格的な乗馬を始める。

平成7年

モンタナ ジョーウィル氏の下でウエスタン調教を学ぶ。

平成7〜9年

WTH.カリフォルニアにて、AQHA理事 ウェス ハタケヤマ トレーシーとNRHA協議会会長 マリオ・ホジョリの下で、レイニングおよび馬心理学・調教学を学ぶ。
以後、Calpey大学 教授マイド・ランツ、NSBH 全米チャンピオン ジョアン キャロル氏の下で、馬心理学・調教学を学んだ後、WTHカリフォルニアにて、ヘッドアシスタント・トレーナーとして勤務

平成12年

帰国。宮崎県にてカウボーイアップランチ を設立。全国で、乗馬・競走馬のクリニックを展開。

※本人談:「私、実は看護師の免許も持ってるんです(笑)」


山際 晃生(獣医師)
山際 晃生(獣医師)

北海道生まれ。

平成12年:

日本大学農獣医学部獣医学科(現生物資源科学部獣医学科)を卒業。同年、獣 医師免許証取得。
卒業後は米国にて、謝(シェ)博士(http://lacs.vetmed.ufl.edu/Faculty/xie.htm)に師事し、2年間の伝統中獣医学の臨床研修医を経て、博士が創立したチ−インスティチュート ( http://chi-institute.com/ ) にて、中国伝統中獣医学会公認の、獣医鍼師の認定資格および獣医中葯師認定資格を取得。

平成15年:

帰国後、獣医鍼および中葯を専門とするTCVM クリニックを開業。
以降、馬体の触診および電気針治療を用いて、中葯の処方のほか、従来の針 治療にとらわれず、馬体の症状により様々な治療を処す。
現在、北海道日高地方を中心に、生産・育成牧場・種馬所・競馬場などで診 療を行う傍ら、毎年、米国、中国等で開催されるTCVMの定例会議では、各 国の獣医師・研修医に診療を紹介。2007年出版のフィシェン・シェ博士の著書 「Xie’s Veterinary Acupuncture」では、執筆の際の貢献者として記載される など、幅広い分野で活躍中。


鹿戸 肇(装蹄師)
鹿戸 肇(装蹄師)

1973年生まれ。

1997年

広島県の、「現代の名工」福永守装蹄師の元へ弟子入り。

2004年

日本装蹄師会1級装蹄師認定合格。

2005年

2005年 北海道日高地区にて開業。


現在、日高地区を中心に、本州の育成牧場にも招聘されるなど活躍中。


梁川 弘樹(装蹄師)
鹿戸 肇(装蹄師)

1974年生まれ。

1995年

〜ノーザンファーム空港牧場、北海道競馬 田中装蹄所勤務を経て、2000年にオーストラリアへ留学。インターナショナル ホース シューイング勤務中に、ロイヤル メルボルンショウ 装蹄競技部門 ‘イーグル・アイ’で3位入賞

2002年

1級認定装蹄師 取得

2003年

独立 開業 現在に至る。

※ 日々のモットー「馬体、肢勢、歩様などを注意深く観察し、バランスの良い蹄、肢元の丈夫な馬をめざして、日々、護蹄に勤めています」


デンタル・スタッフ
MICHAEL CAREY(オーストラリア) & JULIAN SPARK(ニュージーランド)

Copyright(C)2008 Kato Stable Co.,Ltd. All Rights Reserved.